性的虐待‥性虐待はなぜ起きる

私は実父親に幼稚園から中学2年まで性虐待を受けて育ちました。一見普通に見える家庭内で起こった犯罪。私の家庭で何が起こっていたのかを冷静に振り返りこれからの子供達を性的虐待から守ることが出来るのか、不幸にも私と同じ様な体験をしてしまった人達には何が必要かを考えて行きたいと思います。

ブログに訪れた方はまずこちらをご覧下さい。

ぜひ、立ち寄ってみてください♬

お知らせです♬

 

私が困ったときいつも相談に乗ってもらっているとても頼りになるお姉さん!

 

高遠みちるさん(ペコさん)が

スライバー協会を立ち上げました(^O^)

 

https://active-thriver.com/

 

ロゼッタスライバー協会

虐待をうけた方が過去を乗り越えるのを応援するサイトです☆

 

ぜひ、立ち寄ってみてください。あなたの指標となることが書かれていることでしょう(*^o^*)

 

“スライバーとは

成長する人。乗り越えた人。力強く生きる人。

この協会はサバイバーからさらに一歩前進し、スライバーとして生きるためのサポート、スライバー同士が根っこでつながるような静かな連携を目的としています”

 

予想外な出来事。

先日、週刊誌『女性自身』さんが私のことをシリーズ人間というコーナーで取り上げてくれました。まぁ、そのことにも自分自身驚きなのですが、その記事がyahoo!ニュースに出てーーー(´⊙ω⊙`)(´⊙ω⊙`)(´⊙ω⊙`)

またまたビックリです。

 

自分の顔がyahoo!ニュースに!わぁー!恥ずかしい!!!!と思う反面、とても他人事のような「知り合いのおばちゃん出てるやん!」というような感覚もあり…。不思議な感じです。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190729-00010004-jisin-soci

 

yahoo!ニュースって読者がコメントを入れられるんですね。わぁー1700件(゚o゚;;見たいような見たくないようなドキドキした気持ち。そりゃね、いろんな考えの人が世の中にはいて、まだまだ理解されないドラマの中の出来事のように思われていることだから批判の声もたくさんあって当然。もう、見ないでスルーしようかなって思ったのだけど。

 

でもやっぱり気になって全部は全然読めなかったのだけど、最初の方を読んでみました。

 

「わぁー凄い!こんなにも大勢の人が真剣にコメントくださってる!」感激しました♬もちろんいろいろなコメントはありましたが、でもどれもこれも私にとっては嬉しいコメントでした。

 

何よりも、内容に関心を持ってくれている方がこんなに大勢いることが私には嬉しい。コメント書いてくださった方の中にはこのブログまで脚を運んで来れた方もいるのかな。

 

これからも虐待防止に向けて出来ることからコツコツと頑張ります。気持ちを新たにできた出来事でした。

 

 

一人一人にお礼を言いたい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

 

 

 

ちなみに友達からは、yahoo!ニュースを開いた瞬間!「何、悪いことして捕まったんや!」って思ったって笑

 

私、そこまで真面目じゃないけれど、そんな捕まるような悪い事はしませんぞ。

 

これからも虐待防止に向けて出来ることからコツコツと頑張ります。気持ちを新たにできた出来事でした。

 

f:id:kaoagete:20190805152609j:image

 

今日、片付けをしていてふと出てきた本です。

イラスト(ページの半分がイラスト)が私と同じ香川県出身の方なのでちょっと嬉しくなります。なるほどなるほどと思うところがたくさんありました。読みやすい本なのでぜひ、本は苦手という方に読んでもらいたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の受けたレイプ被害

久々の更新です。

 

その前に

 

1週間ほど前、毎日新聞さんに私のことを取り上げていただく機会があり、沢山の応援のメールを頂きました。ありがとうございます。

 

はてなブログへのコメントも頂いていて、本当に感謝いたしております。ありがとうございます。

 

公開していいものか(被害の内容も書かれていたりするので)どうか悩んだ結果、公開は控えさせていただきました。

 

まだお返事を返すことが出来ていない方もいらっしゃるのですが、もし見落としがあればいけないので返事がない場合はすいませんが、もう一度

beso0201@icloud.comにメールを頂けると嬉しく思います。

 

 

 

 

ここからは今日の気づきです。

 

 

私は18歳で香川から大阪に出ました。

当時、付き合っていた彼が一足先に大阪に行っていたのと、私自身、早く父から離れたかったという理由で、仕事は決めず住むところだけを決めて。

 

その数週間後にレイプ被害にあいました。

 

彼とは数駅離れたところに部屋を借りていました。その日は彼と大ゲンカ。彼とどうしても仲直りがしたくって夜中、ほぼ最終電車だったと思いますが、歩いて駅に向かいました。

 

向かっている途中、3人の男性が乗った車が近寄ってきました。男たちは私に「どこいくの?送っていくよ!」と声をかけてきました。

私は「電車の駅」と答えたと思います。そのうちの後部座席に乗っていた男がドアを開け半ば強引に私を車に引っ張りました。

「電車、まだあるから大丈夫。送ってくれなくてもいい」と言いましたが、男は優しい声で「いいよ。いいよ。送っていってあげる」って。車が発進しました。

 

私は大阪の道などまったく知らないので、どこを走っているのかわかりませんでした。30分くらいかな、(もうその辺りは忘れました)どんどん車を走らせ辺りは真っ暗。街灯などもなく山道を走っていることだけはわかりました。

 

車が止まり一人のリーダー格の男が、後ろの2人を降ろしました。「私も降ろして!」と言いましたが、男は「こんな山奥で降ろしても下まで戻れ無いだろう!この山は恐ろしい山で無事に歩いておりれた奴はいない」と言いました。(今思えばそんな山、大阪にあるのか?と思いますが)私はとても怖くて車から出ることを諦めました。

 

リーダー格の男は私をレイプしました。私は大した抵抗はしなかった。途中からもう諦めてとにかく早く終わって欲しいと願いました。

 

リーダー格の男は事を終え、私を彼の住む駅まで車で送り、帰り際に「俺と付き合え」と言いましたが、断りました。そして付き合っていた彼のところにいき、すべてを言いました。彼を傷つけてしまったこと、自分が更に汚れてしまったことに涙が止まらずにそのまま朝が来ました。

 

途中で車から降りた男達は?おそらく歩いて帰ったのでしょう。車から降りて3時間程は経過しているので、真っ暗の山の中、リーダー格の男の迎えを待っていたとは思えません。私は恐怖のあまりリーダー格の男の言葉を信じて山奥に連れていかれたのだと思っていましたが、実際はそんな山奥でもなく、ちょっと歩けば民家もあるところだったのでしょうね。

 

死に物狂いで抵抗をして車から降り、助けを求めて走れば良かった。どうして私は途中、抵抗を諦め早く終われと願ったんだろう。私をレイプした相手は俺と付き合えとか、もう私が受け入れていると思われてしまっている。私はなんて腐った人間なんだ!なんて私は弱虫で卑怯な人間なんだ!

 

 

 

どうでしょう?私のとった行動は。

 

 

今、思うと私の行動は間違ってなかった。あの時は自分はそうするしかなかった。と素直に許すことができます。

 

 

人は危険にさらされると、今以上の危険を回避しようとします。

 

その時、私はリーダー格の男の機嫌を損ねてしまい後の2人の男に回されたらどうしよう、と真っ先に思いました。見知らぬ山奥で車から降ろされ山中をさまようことになり、死んでしまうのかと思いました。レイプが終わりこのズタボロの服(後から確認するとちょっと破れていただけ)と気持ちで車から降りて真っ暗な山奥からどう帰ればいいのか。

 

それよりも今行われているリーダー格の男からのレイプ被害だけで終わらせた方がいいと判断した。なので抵抗をやめ、言うなりに体の差し出した。

 

 

 

おそらくこのことをブログに書くのは初めて?、かな。

この事を書くと

 

ほら!?やっぱりそんなんだから父親にもやられちゃうのよ。そもそも性に対してガードが甘いのよ!

 

って言われちゃうかな。と思う私の弱さから書く事を避けてました。

 

 

でも、今日、他の方の相談の返事を書いていて、

 

その方も自分が嫌と言わなかったのが被害の原因じゃないかと思うって自分を責めていらしてて。。。

 

あっ、そうね。私もそうだった。と

 

 

『私の判断は間違っていなかった!そうするしかなかった!』と許せた瞬間でした。

 

 

私はこの被害でのトラウマはほとんどありません(山からいくら歩いても恐怖で下りられない夢を定期的に見るくらい)。実父からの被害に比べると軽いもの?ではなくて、被害に遭った事を打ち明けたときの彼が、私の行動を何ひとつ責めなかったことと、彼の職場の方達が心から私と彼を心配してくださって、応援してくれたこと。

 

被害からの心の傷の深さは、もちろんその出来事からの傷もですが、打ち明けた時の周りの反応が大きく関わってくると思います。性被害を勇気を出し打ち明けた時の周りの言葉。それによりその傷の回復にかかる時間は大きく左右される。被害にあって更に落ち度があなたにあると言われてしまうと、その出来事は自分の行動がいけなかったから起こってしまったと受け取ります。

 

『自責の念』です。自責の念ほど心を縛る負の感情は無いと私は感じます。

 

打ち明けられた時、打ち明けられた側もショックでつい言ってしまう言葉。慎重になって欲しい。

 

「教えてくれてありがとう」で十分です。ただ聞いてくれるだけで心の救いになります。怒りは加害してきた者に向けてください。どうかよろしくお願いします。今後理解ある大人が増えますように。

 

 

 

もう、今日から山から下りられない夢は見なくなるなぁ〜

 

 

 

このように相談を頂き私自身、たくさんの勇気をもらっています。ありがとうございました♡

 

私たちは一人ではありません。大勢の方がそれぞれの立場でいろいろ悩み考え生きている。

でも乗り越えるのは自分自身。自責の念は捨てもう一度自分に起こったことを見直してみてください。

 

それは本当にあなたが自分を責めないといけないことですか?あなたの罪では無いところで自分を責めてはいませんか?

 

 

気がついて欲しい。あなたは悪く無いことを。。。

 

 

 

 

まとまりのない文章になってしまいました。ごめんなさい、読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

充実した日々。やっと手に入れた自分の人生(私ごとです)

久しぶりにの更新です。

ここ数ヶ月、目が舞いそうな忙しい日々でした。この春から娘が県外の大学から帰ってきて一年間一緒に生活をするようになり、私が経営している美容室のリニューアルとおそらく私の人生で一番忙しかったかも。

 

美容室をオープンして15年、今回で2回目のリニューアルです。

 

やっと美容室もいつもの落ち着きを取り戻し慣れてきました。勝手が違うとムダな動作が多くなり、一日仕事すると以前よりうんと気持ちも体力も消耗してました。後、年齢もあるのかな笑。

 

48歳になりました。今からまたリニューアルの為の借り入れの返済、頑張らなくっちゃ!!と気が引き締まります。

 

美容室の方は従業員が私を含め、現在4人。女ばかりの職場です。来週からはもう一人パートの方が加わります。みんなの人生に大きく関わる職場。責任感を持ち、働きやすいお店作りを目指しております。

 

娘と一緒に暮らし始めた春からの生活は何か新鮮で、女子トークに盛り上がり、今のところは順調。娘が中学、高校生の頃は、内弁慶な娘に結構、私やられていました。でもまぁ、母親の前で素を出せられる事はいい事なんだろう、と耐えて?!ましたが、4年間離れて暮らした大学生活で学んだ事は大きいらしく、とても優しい女性になって帰ってきました。

 

忙しい私のサポートをしてくれたり、甘えるような言葉を言ってくれたり。昨日は洗濯槽をつけ置き洗いしてくれたりととても助かっております。

今子育て中のみなさん、私は子どもを自由に伸び伸びと、子どもの気持ちを尊重して、育てて来ました。門限や家族間のルールなどはほとんど作りませんでした。

 

絶対的な決め事として1つ作っていたのは、地震があったときの避難場所。これだけは絶対に守ろうと決めていました。助けに行きたい人がいる場合もそこの避難所に無事だということを記して、自分の守りたい人を探しにいくようにと。

 

厳しくしつけなくてはこの子が大人になったら困るのではないか、と考えて子育てしている方、多いと思いますが、大丈夫です。

 

子どもの本来持っている力を信じて見守り、親は親で子どもに恥じないような行動をする。これさえしていれば子どもは大人の背中をみて学び、自尊心を持ち、独り立ちできるのではないでしょうか。

 

息子は高校を卒業して県外へ就職しています。24歳で結婚をして、可愛い奥さんと仲良く人生を生きています。これまた大きな野望のある息子で、小学生の頃から「多角経営者になる!」と言っていました。現在はサラリーマンですが、副業で夢につながる第一歩を始動しているみたいです。

 

最初の結婚は二十歳の時。その結婚生活は11年で終わりました。今の主人とは再婚で、付き合いが始まってからはもう7年くらいになるのですが、籍を入れてからは1年です。娘がこの春一緒に住むようになってからは、主人には申し訳ないですが、私がどうしても3人で住む事に不安があり、後、部屋数も無いので(娘と主人は気にして無いのですが)夜は主人の実家に帰ってもらっています。

 

私は自分自身の両親とはここ数ヶ月、連絡をとっていません。おそらくしばらくは取る事はないでしょう。それが今は私達、親子の自然な距離だと思っています。親と精神的に離れることで、親子関係を客観的に見ることができるようになりました。

 

私は高校を卒業してから今まで、仲の良い理想の母娘を自分のモヤモヤした感情を押し殺し、演じてきました。極力自分のモヤモヤした感情を見ないように、心の闇に気がつかれないように、笑顔を絶やしませんでした。

 

私にとって両親は偉大で、感謝して尊敬しなくてはならない者、と思い高校を卒業してからは反抗もすることありませんでした。

 

そんな関係でしたが、一年ほど前、私がほとんど口にしなかった子どもの頃受けていた虐待を口にするようになり、話し合えば話し合うほど考え方の違いが浮き彫りになり、数ヶ月前にとうとう私が関係を切るという形で現在になります。

 

関係を切ると言っても戸籍をどうこうではなく精神的な関係です。「私も頼らないからそっちももう頼ってこないで。これからはお互い別々に生きていけば良いと思う。私はこれまで良い娘をやってきたでしょ。もう充分でしょ」と伝えました。

f:id:kaoagete:20180710162729j:image

それからです。私の中で目まぐるしく心境の変化が起こりました。客観的にこれまでの関係を見直すことができ、親に言い続けられてきた価値観から脱却することができ、自分の価値観で生きることが、やっとできるようになりました。

 

今まではどこか自分のいる世界を磨りガラスを通して見ているような感じで、自分であって自分ではない人生でした。人から私の人生を羨ましがられようとも、何が羨ましいのかわかりませんでした。それより「長生きしたい。死ぬのは怖い」と言える方が、私にとってはずっと羨ましかったです。

 

でも今は違うんです。自分の生きてきた証を残したい、と考えるようになりました。住まいも今は賃貸です。それが良いと思っていました。死んだら解約して、跡形もなく生きてきた形跡をなくしたかったのですが、今は違います。自分の家を持ち、できれば残したいと考えが変わりました。

 

美容室も私の代で終われば良い、と思っていましたが、今は誰かに後継いでもらいたいと思うように変わりました。

 

やっと磨りガラスを通してではなく、自分の目で人生を見ている感じが強くあります。自分の考えで決めて行動する。今ままでもそうしてきたのかも知れませんが、実感がなかった以前とは違います。そうなれば物事も次々と不思議と上手く運びます。必要な閃きもあり、充実した毎日を実感できるのです。将来の夢も明確になります。

自分がしたい事がハッキリと見えてくるんですよね。勇気も湧いてきます。自信も出てきます。

 

 

もっと早くに気がつくべきでした。今なら「加害者を訴えて処罰を受けて欲しい」と思います。でももう被害を受けてから私は30年経っています。もう時効です。家族の中に加害者と被害者がいる。自分が訴えれば、家族が崩壊する。そんな重大なことになかなか決断なんてできない。やっと洗脳からとけたときには、もう遅すぎるとは。時効は必要なんでしょうか?

 

私のように何らかの重度の虐待を受けていた方、一旦、精神的に自立して家族から離れてみる事が私は必要だと思います。それはとんでもなく辛い事かも知れませんが、自分で生きる事ができて、初めて本当の姿が見えてくるものではないでしょうか。

 

その先にあるものは孤独や寂しさではなく、自分を信じる力と希望に満ちた未来です。

 

 

 

 

 

 

 

『エクスポーズ 暗闇の迷宮』原題、神の娘について

このところゆかりさんがお仕事多忙なため、僭越ながらノッポのペコ姉が続けてアップさせていただきます♩



今回はキアヌ・リーブスの映画です。キアヌ・リーブスが刑事役となって事件の犯人を追うサスペンス。人によっては駄作だという人もいるようですが、私はとても興味深く、衝撃を持って観ました。

実は映画チャンネルのテレビでみたので、どういう内容か全然知らずにみたのですが。。

主演はキアヌというより、ほぼアナ・デ・アルマス。この女優さん、好きなんです。

「世界で最も美しい顔100人」で9位に選ばれた女優。『ブレードランナー2049』でロボットのようなホログラムの恋人役を演じた美女、といえばわかる方もいらっしゃるかと。

「キュート」を絵に描いたような女優さんです。

『エクスポーズ 暗闇の迷宮』ではまったく印象の違う貧しく、信仰深く、清楚な女性の役を演じていますが、やはり彼女の美しさが映画の大きな魅力になっています。

人によってはラスト一箇所だけフラッシュバックを起こす可能性があります。

でも、私はいい映画だと思います。最後に余韻があって、何度も噛み締めてしまうシーンも。

「エクスポーズ」には「暴く、晒す」という意味があるようで、刑事役のキアヌ・リーブスが追う殺人事件の謎と共に、明かされる真実が重複的に隠されています。

最後に刑事自身も自分が信頼していた相棒の裏の顔を知ることになり、新たな殺人事件とともに、アナ・デ・アルマス演じる女性の隠されていた歴史が暴かれます。人とあたたかい交友関係を持ち、一見ふつうのに生きている人の中に、二面性があるんですね。

まったく別の物語の2つの点がつながって明かされる衝撃の真実。私は何度も巻き直して確認し、そういうことだったのか、と納得し、あちこち感じ入るものがありました。

さらっと描かれているシーンや摩訶不思議なシーンに小さなサインや伏線が張られていて、つなぎ直すと色々と見えてきます。

主人公のイザベルはまじめで優しく、両親ともうまくやっています。家庭内ストックホルム症候群、記憶の消去と解離、インナーチャイルドの空想が入り混じったような内容で、映画を見ている人も、見せられていたのは彼女が見ている世界だったのか、と気づくのは最後です。

恋人を亡くして実家に戻った主人公は、一見、平和に両親と食卓を囲んでいるようにみえますが、そのあとなぜか洗面所で涙でくしゃくしゃになっているシーン、母親が台所でお皿を洗いながら、父と娘が会話する声になぜか不安げに耳をそばだて、さりげなく中断させようとするシーン、最後に夫が殺され、嘆き悲しむ母親を主人公がぼんやりと冷めた目でみるシーン、などから、じつはこの母親が性虐待を知っていたことがほのみえます。

とうとう起きてしまった悲劇。夫の死体を前に泣き続ける母親の姿から、傷ついた娘を気遣いながらも夫を愛していたのだということがわかります。優しいけれど、弱い母親です。

原題はDaughter of God(神の娘)。

これには、なるほどなあ、と思いました。『エクスポーズ 暗闇の迷宮』なんてわかりずらい邦題よりも、はるかにテーマが明快でよかったのに、と思います。

ふつうの人は体験しないことですし、一般受けもしない映画だとは思いますが、性虐待の「記憶の乖離」に経験のある方には、よくわかる映画です。

こういうテーマを映画化していただくことで、現実に起きていることでもある、ということを広く知ってもらうこともできるのではないかと思います。

ところで性虐待を受けた女性は、不思議な透明感がある、という記述を何度か目にしました。いつまでも純粋さがなくならず、少女のままのような不思議な雰囲気があると。

このアナ・デ・アルマスもまさにその感じを表現できる女優さんでリアリティを感じます。穢れているようで、穢れていない。心の成長が止まってしまうからだという側面もありますが、ほんとうに心の濁りがないのだと思います。

同じ体験者の方にお会いしても、よく感じることです。必死で家族を守り、良い子でもあろうともしますからね。そういえば私も小学生の頃、革張りの古い聖書を枕元に置いて、「天にまします我らが父よ、願わくば、、、」と、毎晩お祈りしていました。その頃の私にも、こういう純粋性と解離があったのだと思います。

性虐待で自分が汚れていると思ってしまう人は多いですが、ほんとうに穢れてなんかいない。むしろいくつになっても、少女のまんまなんじゃないかな。間違いなく、神に愛されている娘たちなんだと思います。ビデオになってると思うので、機会があったら観てみてください。

穂積純さんの本『拡がりゆく魂』にも、性虐待を受けた人で、天使的な人に何人も会ってきた、と書かれ、その天使性について分析されています。

親に愛されなかった人は、神に愛されている。これは真実だと私は思っています。穢れるどころか、むしろ過酷な運命の中で磨かれていく、尊い魂だと思うのです。












同じ境遇のお友達♡(大切なお姉さま)

以前もブログに書きましたが、私には昨年からとても仲良く頻繁に近況報告をし合っているサバイバーのお友達がいます。みんなそれぞれに橋の下で拾ってきたと言われていたので名付けで「橋の下三兄弟!」今、一番末のアッコちゃんは育児中でお休みしておりますが、長女のペコお姉さまがブログを始めました。

 

ぜひ、私のブログを訪れて下さった方にも読んで貰いたいです。

http://tane.hatenadiary.jp/entry/2018/04/18/161223

 

 

私が先日、顔と名前を出してメディア(ローカルニュースで2、3分です)に出られたのも、ペコお姉さまとの出会いが無ければなかったかも知れないと思うほど私にとっての恩人です(^^)

 

私の中の幼い「ゆかり」はペコお姉さまに癒され、強くなりました。半年前の「ゆかり」はまだ世間に性虐待を受けていたことがバレることを恐れる気持ちが強く、本当に気の許せる友達にしかこのことを打ち明けていませんでした。

 

でも私の人に言えない理由は自分自身の中にありました。自分がどう見られるのかが怖い。自分自身で暗いトンネルに押し込み、世間にバレないように笑顔で私の人生にそんな不幸はないのよって顔で生活していました。

 

私、美容師なんですが、お客様から「ゆかりさんはおそらくとても大切にご両親に育てられたのね〜。悩み事なんて一つもないんでしょ♫』とよく言われます笑笑

 

それはそれで良いのだけど、それはありのままの自分ではない。やはりどこかで無理をしている自分なんですよね。

 

ペコお姉さまはそんな私の中に潜む私の鎧を少しずつもう脱ぎ捨てていいのよ。ありのままのゆかりさんでいいのよ。と教えてくれました。

 

親を憎む気持ちを持ったままで良い。

 

私が無意識のうちに自ら背負ってきた親は大切にしないといけない!親を尊敬しなくてはいけない、親に感謝しなくてはいけない!子供を愛していない親などいない!など、重くのしかかっていた重りを優しく、今はまだ無理をして思うことはないんじゃない、それらのことは自然に溢れ出るもので、無理して思おうとするものではないのでは。と少しずつ私にのしかかっていたものを預かってくれました。

 

皆さまもペコお姉さまの優しさに触れて見てくださいね。

 

http://tane.hatenadiary.jp/entry/2018/04/18/161223

 

 

ペコさんオススメ🎵Book & Moviesコーナー

はじめまして。ペコです♩

ゆかりさんよりも、性的虐待に関する本や映画をよく知っているということで、ゆかりさんにペコのコーナーを作っていただきました✨  どうぞよろしくお願いいたします。

 

 性的虐待について書かれた手記や研究書はかなりたくさんあるのですが、実父からの性虐待に関しては

 

日本の手記では、山本潤さんの『13歳、「私」をなくした私   性暴力と生きるリアル』と、

f:id:nopponopekochan:20180420090509j:image

 東小雪さんの『なかったことにしたくない  実父から性虐待を受けた私の告白』が、ポピュラーなのではないかと思います。

f:id:nopponopekochan:20180420090535j:image

どちらも実名を公開されているだけでなく、積極的に世間に顔を出し、勇気ある活動をされているので、ご存知の方も多いかと思います。

 

 小雪さんは元タカラジェンヌ。性虐待の記憶がまったくないまま宝塚歌劇団を目指して合格し、退団後、ひどい抑鬱状態からカウンセリングを受けることで、乖離していた記憶を取り戻し、実父からの継続的な虐待があったことを知った方です。

 山本潤さんは性暴力被害者支援看護師(SANE)。被害者支援や全国で講演活動もされ、性暴力の法改正にも貢献されています。娘の回復のために奔走し、寄り添い続けたお母様も現在、カウンセラーとして活躍されているそうです。

 実父からの継続的な性虐待を受けた人は、リストカット、オーバードーズ、アルコール依存などの嗜癖、性的逸脱、原因不明の病気、共依存、ウツなど、ひと通りの経験をして、どうにか抜けていく人が多いようです。まあ、王道といったところでしょうか。

 

 そういえば私は小学生5、6年の頃、よくびっこを引いていました。膝が痛いのが当たり前になっていました。病院でも一度診てもらったのですが、原因は不明で、おそらく成長痛だろう、ということでした。我慢するのに慣れていて、痛い膝が自分の一部であり、あまり気にもしていなかったのですが、小雪さんの本を読むと、関係があったかもしれないと思います。自覚できない我慢や抑うつが身体症状に出る。

 それと、斜視になりました。幼少期にはそうでなかったので、やはり虐待を受けていた時期にゆっくりなっていったと思われます。見たくない現実がある。見ていても見ていない。そんな感じで、目は片方が外側にずれ、前を見ても、焦点が合ってないような目になりました。人がみてギョッとするほどではないのですが、今も斜視です。 子供っていうのは、せつないですね。どんな姿になっても生きていこうとしているのです。